『ナタデココと鉈』のブログ

大学のレポートを定期的に投稿し、アイドル・漫画・映画について熱く語る、雑記ブログ

10月に読んだ本をまとめよう! 読書メーター

読書メーターというアプリを使って、読書ライフがより良くなっている!

 

10月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1395
ナイス数:17

ノーマンズランドノーマンズランド感想
一気読みしなかったせいもあるがお話が複雑で何回かページを戻しながらゆっくり読んだ。5章でやっと初海側と姫川側が繋がったので最後までこの話続編出るのかな?と思わされたが、ニョロと呼ばれている刑事が結局謎めいているためその人物の詳細は次回作に回されるのかなあと。姫川玲子の恋愛?がまた始まりそうでちょっとワクワクしているところもある、なにせ牧田が登場するインビジブルレインがめちゃくちゃ面白かったので。参考文献が毎回たくさんあるが小説作家は本当に色んなことを知らないと出来ないことだと思って尊敬する。
読了日:10月30日 著者:誉田哲也
LOVE理論LOVE理論感想
夢をかなえるゾウの著者である水野愛也(名前違いは著書を見ればわかる)の他の本が気になってみたので読んでみた。人生は行動力だなと思わされた。
読了日:10月30日 著者:水野敬也
データサイエンス「超」入門 嘘をウソと見抜けなければ、データを扱うのは難しいデータサイエンス「超」入門 嘘をウソと見抜けなければ、データを扱うのは難しい
読了日:10月29日 著者:松本 健太郎
この世で一番おもしろいマクロ経済学――みんながもっと豊かになれるかもしれない16講この世で一番おもしろいマクロ経済学――みんながもっと豊かになれるかもしれない16講感想
この本は絵の面白さに惹かれたが、それ以上に難しい原則を分かりやすく図を使ったり日常的な例に当てはめて解説したりして説明してくれたことがとても良かった。また経済学によくある二律背反のような分かりにくい2つの理論をひとつずつ同じように対象的に解説してくれたためとても理解がスムーズにできた。マクロ経済学の大枠を理解することが出来たので次は考え方が偏らないように色んな視点から経済学を学んでいきたいと思う。
読了日:10月21日 著者:ヨラム・バウマン,グレディ・クライン
「家族の幸せ」の経済学 データ分析でわかった結婚、出産、子育ての真実 (光文社新書)「家族の幸せ」の経済学 データ分析でわかった結婚、出産、子育ての真実 (光文社新書)感想
結婚と子育ては生物的に必ず行わなければならないことだが、社会で生きる人間にとっては子孫繁栄だけが目的ではない。結婚観や子育て論は人によって違い伝統的に受け継がれやすいから噂や俗説に左右されやすいところをデータによって明白に説明されていることがとても面白かった。
読了日:10月18日 著者:山口 慎太郎

読書メーター